現代の子供たちは習い事が多すぎて忙しそうだ

 今は昔と違って、子供たちの習い事の種類が甚だ多いように感じます。自分が小さいところは、メインにピアノ(5歳から18歳ところまで)、あとはそろばん3クラスほど習っていた状況でした。我が家の子供たちは、小学生2年生のお子さんは体操といった通信教育、年中の子どもは体操という英文(本格的なものではなく、一団的感じです)を仲間習ってある。はじめ週それだけで精一杯で、長女は体操さえ習っていれば次いで歓喜といった感じです。
 但し、子供達の周りの間近を見てみると、どの人もほとんど何かしらの習い事を通じていて一部ふたつは人並み、中には日毎習い事をしている人も少なくありません。その一律は娘がやりたいと言い出して始めたのか、両親がやらせたくて習わせたのか分りませんが、日毎忙しそうですなぁと思ってしまいます。うちは、自分が出無精なのもあり、習い事の送迎の事を考えるととうにこれでたっぷりなのです。習い事もいいけれど、何となく娘は外部で元気に遊ぶ時間も大切だと想う近頃だ。キレイモ