きのうや目下が同じ日に見えても、少しずつ変わっていく小物

「ブランコ跨るから押して」。
公園にたどり着くなり一目散にブランコへスプリントし、こちらへ来いと手招き。
「押して」というのでソロ?リ押すと「ちがう。より!」って迫る。
えぇ?。落っこちない?万全?夫人のビクビクなんてなんのその。
「ひときわ押して」「より!」ザクザク調子の増すブランコにゆられるこども。3年齢。
前年までは夫人のお膝に座って一緒にゆられていたのにな?…なんて夫人はぼんやり。
「ねえ、尚更!」という口をとがらせる。
しまいには怒ってブランコからおりるってプンプンしながら鉄棒へ走って行っちゃった。
自分の丈より高い鉄棒にぶら下がってゆらりゆらり。
小学校くらいのお姉さんが見事な前見回りをすると、自分も「これやりたい」という泣き出す対処。
「いまだに少ないからできないよ」では納得できなくて夫人のこぶしを借りてくるりんぱ。
気づけばどぎつい遊びが好きになり、お絵描きが
上手になっておとなと同じことをしたがったり、身の程知らずなことを言ったり、悪いことばっかりして努めたり。
ガンガン手っ取り早いスピードで、前年は比べものにならないほど小児の向上は、速いですね。
女房の向上は、どうかな。
ブランコを押さなくても、ひとりで漕げるようになるのはそう遠くないのね。
今日の夕御飯はなんに決める。
「まだまだ遊ぶ!」
ごねるこどもを見ながら、今日はまさに。一番簡単なキャッシング